ついったに居ます。たまにだけど。
ブログのリンクから覗けます〜。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
BLOOD+26話「サヤに従う者」感想
今日から新OPEDで凄く楽しみでした。
今回のOPはかっこいいですね、前回とまた全然違って
映画の作画に近いですね。アメリカのアニメ見ている
ような感じ。でも血に濡れた手で顔を覆って泣いている
ハジは小夜との約束を果たした後を抽象的に描いているのか
ちょっと気になる。。EDはその反面で穏やかな表情で小夜の隣に
ハジが居て良かった^^ソロモンの大きいカットもあってやはり
ハジ小夜の邪魔?に入るのかな〜なんて勝手に想像したり。
とにかくハジ、小夜と2ショットおめでとう(笑)


今週の私的ポイント。
★ソロモン、アンシェル兄さんを怪しむ。
★ディーヴァ「会いたいな、あのこ」発言。あのこって!?
★意識を取り戻したリクにカイが気を配る。
★ハジとシュバリエになったリクは同等。(ジュリアさんって
コリンズ寄りの人なんですね)
★小夜、リクの事を気に病みハジに慰められる。
★カイ、リクのシュバリエ化を受け入れられない。
★ハジとリク会話。
★シフ登場。小夜に名前を呼ばれ瞬間移動、ハジ、リクを放置。
★ハジ、珍しく戦闘でやられない。しかもかっこいい。
★シフの攻撃でリクが負傷。目の前で傷が塞がって行くのを見て
驚愕。
★リク「僕、ハジと同じになっちゃった」
★シュバリエは傷の回復をする為に大量の血液が必要。
★カイ、リクに自ら血を差し出す。(小夜、目を逸らしハジが
抱き寄せてた!)

つか、ポイントっていうか今回の話の流れですね(笑)
冒頭でディーヴァ側が出ていましたがソロモンはアンシェル兄さん
の行動を怪訝に思っているのですね。
アンシェルとシフって繋がっているんでしょうね。
シフを作り出したとか、何がしかの接点がありそう。
ディーヴァも結局はアンシェルに良いように利用されている
予感。この先ずっと、兄さんに疑念を抱きながら行動を共にするので
しょうか。新OPEDと良い、なんかソロモンって裏切りそうな気がする
もしくは…と言ってもそれはハジも同じくらい可能性があるような
気がして不安なのですけど。そして気になったのはぬいぐるみを引き
千切りながらディーヴァが言った一言。「会いたいな、あの子」
これって誰の事でしょうかね。私は速攻でハジの事だとおもって
しまったんだけど。それだったら、不安。かなり不安。

そして場面変わって意識を取り戻したリクに甲斐甲斐しく世話を
するカイ。カイもどうやってリクに接すれば良いのか分からない
のでしょう。ジョエルの日記を読んだとしても、やはり自分の弟
が人間では無くなったと受け入れるのってそう安易に出来る事では
ない筈です。カイの葛藤を思うと切なくなる回でしたね、今週。
ジュリアもなんかコリンズ寄りっぽくて裏切りフラグが先週から
立ち捲くっているような。デヴィッドが見向きもしてくれないから?
どちらにしろもうジュリアはデヴィッドはどうでも良さ気(笑)
そして小夜もまだリクのシュバリエ化の事を気に病んで、ハジがまた
それを慰めるといういつものパターンだったけどハジってここ
何週はずっと小夜に跪いて話すようになったけど何故?(笑)
そして不憫なのはいつも小夜ってハジを見ない事(笑)
ちょっとくらい見てよ〜。

シフの攻撃を感知して戦うシーンもハジが珍しくやられてない
しかっこ良かったですよ!ハジが敵にやられない、血を流さないって
相当な確立で有り得ないですよ(笑)
しっかり小夜をサポートしていて文句無し。いざという時は必ず
ハジが守ってくれるのが(・∀・)イイ!!
でも、小夜を助けようとしてリクがシフに立ち向かって逆に負傷
してしまいデヴィッドの発言で知ったのだけど
「シュバリエは傷を修復する為に、大量の血を摂取する」と
言ってたけど、ハジって毎回普通の人間だったら即死するような
傷を付けられてどうやって復活していたの?血は摂取してないん
ですよね。みるみる内に傷が塞がって行くのを見てリクは自分が
人間じゃない事を悟り「僕、もうハジと同じになっちゃったんだね…。」
と泣きながら言ってましたね。
確かに泣きたくもなるよね、記憶を失っている間に人間じゃなく
なっているんだもの。でも、そんな風にハジと同じに…なんて
嘆かれたハジもかなり不憫なんですけど。(笑)
泣きながらさらっと酷い事言ってるよ、リク(笑)
カイは全て良かれと思ってしてきた事が空回りして悪い方へ
行ってしまった傾向があるけれど、最後の乾きに苦しむリクに
血を吸わせる所は読める展開だけど凄く良かったな。
小夜がそれから目を逸らしてハジが肩を抱き寄せているのも
うっかり萌えた。(*´艸`)

とりあえずこんな感じですが、また追記すると思います(笑)
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>