ついったに居ます。たまにだけど。
ブログのリンクから覗けます〜。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
BLOOD+35話「希望の無い明日」
今週も台詞は相変わらず台詞が少ないですがハジの登場は
割と多くて良かったです。というか今回もハジ自身に
何も変化は無くて一安心。
毎週、ハジの身に何か怒ったらどうしようと思いながら
見ているので最終回まで心臓に悪いです。
と言う事で、今週の感想。


今週のポイント
★モニークにカイ、確信突かれる。カイ小夜フラグ?
★ハジ、いつも小夜の為にチェロを!
★シフvsコーブスコーズ
★コーブスコーズはモーゼスの完全版
★カール、怒って顔が緑に!
★赤い盾、再興
★ルル、誰かの思い出になりたい。ハジでも良いよ。
★やっぱりチェロケースでタックルのみ。

今週は冒頭からカイの確信を突く様な発言から
でしたけど、第三者がメインの心理を言って心情を表す
というのは良くあることなのですが、カイは「小夜が好きなの?」
と聞かれて「家族」だと言ったけどもう妹とは言わないのね。
人括りに家族と言っているだけで実際カイの小夜に向けられている
思いってどうなのでしょう。

シフの元にジェイムズ率いるコーブスコーズ
ですが、シフ達をサンプルに造られた完全体なのですね。
助けを求めて小夜のところに行くのだけど
秘密のアジトみたいなところでハジが小夜の為にチェロを。
小夜にチェロを進めるもそれを拒否、ハジに自分の為にチェロを弾いて
なんて、ちょっと萌えてしまいました。

結局アンシェルは小夜を殺させるのをジェイムズに託したの
だけどカールがそれに不満爆発。
怒りすぎて顔が緑になっていたのがなんとも。
彼も愛すべきキャラだ(笑)
ソロモンは小夜を殺さず放っておけば良いと行って
庇うような発言をしていたけど、彼が小夜に惹かれる理由が
分からない。ダンスを踊った時にビビビとなったのですか?
誰かを好きになるのに理由はいらない、と言うけど
ソロモンのは、これといった理由が見つからなくて
腑に落ちないのです。単純に私が鈍くてそのフラグに気付いて
無いだけかもしれませんが。

赤い盾の再興、デヴィッドの復活もあって
ジョエルに酒を進められたデヴィッドは「一生分の酒を飲んだ」
と言ってたけど、1年間で物凄い量を飲んだんだね。

再びディーヴァに挑むシフ達。
ルルに助けて欲しいといわれ仲間は要らないと小夜は拒否。
無駄に仲間を増やして、心が通じ合わせても失った時の事を
思うとそれが出来ないのね、小夜。
嬉しかったのは誰かの思い出になりたいというルルが
ハジでも良いから覚えておいて、と言ってくれたのが
嬉しかった。正しくは「そっちのお兄さん」
だったけど(笑)だっていつもハジってスルーなのに
今回はちゃんと相手にされていたんですもの!

シフ達の仲間になる気はないと良いながら助けに行くハジ小夜。
やはりハジは今回もチェロケースでタックルするだけで
戦闘はしてない模様。
再登場してから一度も戦ってないのはやはり気になります。
体力的な事なのか、それとも小夜に止められてる、とか?
後者は自分で書いておいてなんですが、まず無いだろうと
思うのだけど、やっぱり吸血行為をしてないから
体力の問題なんでしょうかね…。

そしてディーヴァはリクの顔を奪ったと小夜は言っていたけど
リクの顔を奪って何か得する事ってあるのかしら…。
単純に小夜への嫌がらせ?
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>